楽天room始めました~

【木のまな板のすすめ】包丁を研いでも切れ味が悪い時 もしかしたらまな板が良くないのかも

包丁を研いでも良く切れない? まな板を変えてみてください~




まな板は、木製に限る…。

時短大好き、食洗機大好きな私ですが、まな板だけは

重い・食洗機不可・手間がかかる」の負の三拍子そろった木製一筋。

・包丁を研いでも研いでも切れ味が良くならない

・野菜を着るのが嫌い

上記のような方は、ぜひ木製まな板に変えてみてください。

ズボラな私でも管理はそれほど負担ではありませんのでご安心を!!

木製のまな板の何が良いかと言うと

・切れ味が上がる(定期的にカンナで削ってもらうため、水平なんだと思う)

・木の柔らかさがあるので、固い食品を切るときに包丁に反発を感じない

・音がいい(トントン…)

・香りがいい(特にヒバ!)

香りは本当に幸せ気分になれます。

木製まな板を買うなら「ヒバ材」「厚みあり」「長さあり」をオススメします

4年前に↑の青森ヒバのLサイズを購入しました。

厚みは3cm、長さ36cmもある。大きすぎるか悩みましたが、結果大正解。

まな板に厚みがあると、こんなに作業しやすいのかと感動。長さがあるのも場所を取りますが、料理しやすい。

一番の感動は、木製まな板を使うと包丁の刃に変な反発を感じないこと。樹脂製とかのは、跳ね返ってくる感じが嫌でした。

なぜヒバ材をオススメするかというと…香りです!!!!ほかの木と比べて断然いい香り!!!

買ったばかりのころは、家じゅうにヒバのいい香りが満ちました。

(イチョウは…なんだかにおいが、足のにおいに感じて…)

メンテナンスはどんな風にするのか?

日々の扱いで気にするところは、

使う前に水でよく濡らす→

手やフキンできっちり拭いて作業開始→

使い終わったら、スポンジでごしごし洗って(私は洗剤も使ってしまう)→

水気は手でよく払う→

立てかけておく

こんな感じ。慣れれば大変ではないと思います。

食品の臭い移りは、使う前に水でよく濡らしておくと大丈夫。

だいたい1年くらいに一回表面をカンナで削ってもらいます。(近所の木工所や、材木屋さん、森林組合などはまな板削りしてくれるところが多いので、探してみてください)

まな板削り前

(before)半年振りにカンナで削ってもらいます

まな板削り前側面

(before)

 

 

まな板削り後

(after)削ってもらってすっきりキレイに

まな板削り後

(after)

削ってもらうと、だんだん厚みがなくなってきます。そうした面からも、厚みがあるまな板がおすすめです。

何がいいって、削ってもらうと香りが復活するところ。(さすがに4年目になってくると香りも薄くなってきましたが)

木の種類がたくさんあって悩むが…ヒバ一択です

そもそもヒバはヒノキ科。

檜の仲間。ヒバには「ヒノキチオール」という抗菌成分が含まれております。ヒノキチオールという名前から檜の方がその成分が多く含まれていそうですが、ヒバの方が断然多くヒノキチオールを持っているそうな。

建築材料としては見た目の問題で、檜の方が格上になっているようですが、まな板の世界では、ヒバよ、ヒバ。

香りも檜より強く、ヒバ油のお陰で水はけも良し。天然の抗菌成分のお陰でカビも生えにくい。

一度、イチョウに浮気したのですが、イチョウは、イチョウは香りがダメ!!!(私にとって)

イチョウのまな板は、香りが、こう、言いにくいのですが、下駄箱の臭いというか、足の臭いというか。

イチョウも音もいいし、切りやすいし、良い木なんですが。(イチョウの香りは数日使っていれば抜けていきます)

青森天然ヒバ まな板

Sサイズ:33×21cm 厚さ3cm

Mサイズ:35×23cm 厚さ3cm

Lサイズ:36×24.5cm 厚さ3cm ←オススメ




にほんブログ村 子育てブログ 2015年4月〜16年3月生まれの子へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA