楽天room始めました~

【防災備蓄:乾電池】災害・停電時のスマートフォン充電方法【電池交換式充電器】

停電時のスマートフォン充電のために用意しておく防災用品

最近地震や台風が多いです。気を引き締めて、ここら辺で改めて防災用品の見直しをしましょう。

この記事は、防災用品の中でも、見落としがちなスマートフォンの充電方法に焦点を当てて書いてみたいと思います。

実際に製品を使ってみた感想はこちらから。参考にしてみてください

電池交換式充電器があれば、単三形アルカリ乾電池の備蓄をしておくだけでいい

大地震が起きた時、情報収拾が大事です。また台風で停電した場合、どこに避難すればいいのかや状況が知りたいなどもはやスマートフォンは災害時に必需品です。

家族と離れているなら安否を確認したいということもあります。

地震保険の証拠として、被災状況を写真に撮っておく必要もあるかもしれない。

だから、いざという時、スマートフォンの電池がなくなることは避けたい。

筆者

でも、正直何を買って用意しておけばいいのかわからない!
ズバリ、我が家は乾電池式モバイルバッテリーを買います!

夫氏

筆者

どういう理由で?

以下の私のレポートを見てみてください

夫氏

すぐに使える パワー(容量) 分散させて保管
モバイルバッテリー
乾電池
太陽電池
手回し発電 ×

モバイルバッテリー:

容量が増えた一方で、価格はずいぶん下がってきた印象。価格あたりのパワーだけで言えば、おそらくもっとも優れた選択肢。

ただし、充電しておかなくては意味がなく、いざという時に半分でも充電が残っているかは…不明…

充電残量を意識しながら日々管理するのはストレスを増やしそう。

容量があるから、一家に何台も持つのは合理的じゃない。容量(正確にはエネルギー密度)がある分、衝撃による発火も不安要素。

飛行機に持ち込み禁止されているくらい。

乾電池:

我が家は乾電池を備蓄しておくことがベストと考えた。

まず一番いいところは、すぐに使えるところ

使用期限を気にする必要はあるけど、むしろそれだけ気にしておけば良い。

「富士通 【Premium】 アルカリ乾電池 単3形」は災害備蓄用として10年の使用期限だそうだよ。

さらに、気軽に追加購入できる。

ということは、少しずつ入れ替えできるので、いきなり全体がダメになることがない。

複数の場所に分けて保管できるから、何らかの理由で1カ所がダメになっても、他の場所で保管していたものを使えばいいよね。

乾電池でスマートフォンを充電させるには、電池交換式充電器が必要

オススメは上記でも紹介した多摩電子工業の電池6本交換式チャージャーAxinG(アクシング)

実際にアクシングを使ってスマホの充電をしてみたので、レビューの記事を載せます。↓

乾電池式モバイルバッテリー【災害への備え】電池交換式充電器(多摩電子工業)でスマートフォンの充電してみた【防災備品】

 

太陽電池:

いきなりデメリットからだけど、太陽電池は雨天時・夜間は使えない。

昼間のうちにモバイルバッテリーに充電しておいて…というのは、緊急時用途としては本末転倒の感がある。

パワーの不足を補うためには面積が必要。大型化、コストアップ。不慮の事故で一部が割れたりしたら、全体が使えなくなると思う。

手回し発電:

amazonレビューなどを見る限り、パワー不足を補うために、かなり頑張って回す必要があるらしい。

ラジオくらいが精一杯、スマホにはきつい。

自分で確かめて見るまでもなく、思い起こせば、自転車のライトを点けたときのペダルの重さ、あれを続けないといけないわけだ。

災害時に、余計な運動はしたくない。その筋力は、我が子や水を運ぶために取っておきたい。

乾電池式モバイルバッテリーを採用するといいことは他にもある

乾電池をモバイルバッテリーのために備蓄しておくと良いことがもう一つある。

それは、他の機器に転用できること
懐中電灯、灯油ストーブ、ガス台、など。
アダプタを用意しておけば、備蓄しておくのは単三電池だけでよい

災害用備蓄のための乾電池はどのくらいの数が必要か

計算で出そうと思ったが、乾電池だと難しい:乾電池の容量は、消費電流に逆比例。

パナソニックの公式ページによると…

筆者

ちょっと、ストップ!!! もういいよ、そこまで説明されてもマニアックすぎて分からない!! 簡潔にお願いね。

気軽に買えるものなので、今度試してみる。「2018年9月6日の北海道胆振東部地震、3日目で99%復旧」このことを考慮すると、備蓄本数は3日分必要だ。60本あれば安心だ。

夫氏

以下の関連記事に60本の根拠を載せておきました。↓

乾電池式モバイルバッテリー【災害への備え】電池交換式充電器(多摩電子工業)でスマートフォンの充電してみた【防災備品】

筆者

予行演習もかねて、今度やってみようね!
私のレポートは以上です。

夫氏

ってなわけで、小難しい話がたくさん出てきましたが、ネジマキ家は、災害時のスマートフォン充電については、ひとまずこれで行ってみます!

最後まで読んでくださってありがとうございます!




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA