楽天room始めました~

【レゴとLaQの違いを感じた】ラキュー(LaQ)ダイナソーワールドディノキングダムを幼児と一緒に作ってみた

レゴはレンガ積みでLaQ(ラキュー)は紙細工 LaQの本気を感じたダイナソーワールドディノキングダム




レゴもLaQも大好きなNejimaki一家です。LaQのパチパチとするはめ心地が好きです。

我が家に「LaQダイナソーワールドディノキングダム」がやってきました。

4歳息子のクリスマスプレゼントでした。

このセットで、LaQの本気を感じました。

LaQダイナソーワールド ディノキングダム

モササウルスだ~!がぶりー!

対象年齢は7歳以上ですが、レゴやLaQが大好きな幼児でしたら、親と一緒に作れます。

恐竜が好きなら、その再現度に驚くことと思います。

LaQダイナソーワールド ディノキングダム

モササウルス。顎も尻尾も動くよ。

このセットを作成して思ったことは、レゴはレンガ積みでLaQは日本に昔からある紙細工。和紙を張って作る人形やちょうちん、ねぷた祭りの山車など。

LaQは日本の会社なので、ついつい和の志向があるのか?!と思ってしまいます。

ラキュー(LaQ)ダイナソーワールドディノキングダムの内容は

プラスチックのケースが付いています。薄いながらもちゃっちくはないです。子どもが何度も開いても壊れない安心感あります。

とりあえず、中身は全て床に散らばしてみるスタイルの4歳です。

「LaQダイナソーワールドディノキングダムは合計14種類の恐竜に組み替えられるセットです。全てを同時に作成はできません。

息子の希望によりまずは「モササウルス」から作成。海にいる恐竜です。

あごは開くし、尻尾もくねくねします。すごい。

作成はブロック得意な親と子ども(4歳)で1時間くらい

難しい部分は親が、パーツを集めたり、指示にしたがってはめたりは4歳児が担当しました。

このLaQの素晴らしい点は、作り終わった後も、息子の愛が止まらないというところ。モササウルスになりきって遊んでいます。

もちろん、遊ぶと分解されてしまうのですが、これが教育的にいい。

壊れた部分の修理を自分でしていくうちに、難しい角度を繋げることができるようになっていきました。

ラキュー(LaQ)ダイナソーワールドディノキングダム

「講談社の動く図鑑_MOVE」とコラボした冊子があります。この図鑑を見てから、この恐竜を作りたい!と決めていました。

LaQダイナソーワールドディノキングダムがオススメな人はこちら

レゴもLaQもそこそこ出来る大人(+幼児)

そろそろ難しいものに一人で挑戦したい子ども(7歳以上)

恐竜好き+ブロック好きな人

幼児教育に熱心な家庭へのプレゼントを探している人

子供向けのディスプレイを探している

値段は高いのですが、完成品に感動しました。小さなLaQのセットで「ん~こんなもん?レゴと一緒かあ」みたいに思っている方は、このセットをぜひ試してみて欲しいです。




にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA