楽天room始めました~

【ネタバレ】薬屋のひとりごと10巻感想 皆の笑顔…

薬屋のひとりごと10巻(2021/1/29発売)は壬氏と猫猫以外のカップルの関係性を描いて、二人のもどかしさを表現していた




『薬屋のひとりごと10巻』読みました。一回目読了の感想をただただ書きます。

壬氏と猫猫の接点少ないね。お預けです。少ない中にもときめくポイントはありましたが、抑えに抑えた二人の接点。

どちらも踏み出せない…。猫猫は逃げてます。

二人の詰められない距離を強調するのが、壬氏と猫猫の周りの人物たちの夫婦事情や恋愛模様。

どうやったら進展するんだ?と謎だった馬閃と里樹もなんともしっくりと距離を縮めましたし、

高順と桃美の夫婦も、なんだかんだと仲良くしている(ここ、萌えましたね…!)

飄々としている雀さんと馬良の夫婦も、折り合いと覚悟の末に夫婦をしているとありました(私、この夫婦好きです)。

麻美も自分で勝ち取った結婚を語りますし、玉葉さまも皇后という立場で主上を語ります。

 

あとは!! あなたたちですよ~~~!!! お互いへの理解は深まっているのにね。

 

既に執筆に入っているという11巻(春ごろ発売?らしい)にばばーーーんと二人の仲に進展があることを期待している。10巻はそのための「ため」だと思う…思いたい。

いろいろな笑顔

 

玉葉さまの笑顔、陸孫の笑顔、里樹の笑顔、そして…笑みとは表現されない猫猫の「口の端を上げる」表現。

10巻は登場人物たちの気持ちを笑顔で表現していましたね。

強さ、哀しさ、覚悟、どの笑顔もそれぞれ違う。

猫猫も2回くらい「口の端を上げた」10巻でした。猫猫は何を思っているのか…そこは2回目に読み込んできます!!

「小説家になろう」サイトでの「薬屋のひとりごと」連載を読んでいるので、大筋の展開は知りながら読んだ10巻ですが、書籍で一気に読むと全体のテーマを感じられて良いですね。11巻は衝撃展開も待っているよ…心臓持つかな。

↑2021年4月30日に『薬屋のひとりごと11巻』最新刊発売決定~~~!!!

ちょっと笑った部分 馬閃くんよ…

「四話 馬閃青春記 前編」で

「馬閃は上手く言葉を紡げない己の口を呪う。月の君であればもっと上手く女性を扱えるだろうに、と悔しく思う。」

という部分。

馬閃くんのが、進んじゃってるから~~。壬氏、猫猫には言いたいことも言えないから(まあ、腹を焼いた反省からのようだけど)。

 

その他 思いつくままに

陸孫が蝗害のさなか、家々を回る部分いいよねえ。狂ったときほど冷静に、か。陸孫さん、沼だわあ。

馬閃と麻美の会話で、馬閃への印象変わった。一応色々考えているのね。

寝台で並んで話をする二人、いいよね~~~~いいよね~~~~。

猫猫が壬氏を「元々がしがし行く性格だった」って思っているのが良い。え~~~そうなんだ~~~~、意識してるじゃあああん。

壬氏の「早めた方がいいかーー」という呟きも意識してるもんね。

さて、8巻あたりから読み直ししてきます!!

【育児疲れには漫画小説が効く】主婦にオススメの漫画・小説のまとめ【育児疲れには漫画小説が効く】主婦にオススメの漫画・小説のまとめ




 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA