楽天room始めました~

幼稚園の保護者会は恐れずに 団体の力は持っておくべき事例

保護者の繋がりが子どもを守る





皆さん、まずはこちらのブログを読んでください。保育園・幼稚園などに、子どもを預ける親は読んでおくべき記事だと思います。

Audrey Smrrのブログ 

保育士から、娘の衣類を6着もトイレのゴミ箱に捨てられてました ①

このブログを書かれている方は、現在も保育園と市に説明を求めていらっしゃいますが、未だ解決に至っていません(2019年1月現在)。

園と市の対応を読むと、この方のご心痛いかばかりかと思います。とにかく、園も市も杜撰で唖然としてしまいます。誠意ある対応がなされることを祈っております。

さて、問題は、上記のブログ主さんの保育園には、保護者会がなく、園の問題が共有化されずにきたということです。(今回の件も、他の保護者には公表されず、説明もなく、のようです。)

ブログ主さんが、他の保護者に事情を始めて話したところ、「うちもそういえば…」という声が出てきたそうです。

また、園の衛生管理があり得ない状態であっても、是正されなかったようですね。(ブログを読んで、素人の私でも、この園は何かがおかしいと感じます。)

 




 

ここから考えるに、保護者会はやはり大事な組織だということです。

会社における労働組合のようなものですよね。

保護者会があれば、園に個人としてではなく団体として交渉できますし、園側の不都合な事実も共有されます。

また、上記のブログ主さんは、伝手をたどって保育に詳しい代議員さんに間に入ってもらえるようになって初めて、市から説明してもらえるようになったということがありました。個人はここまで弱い立場なのか…と読んでいて、苦しくなりました。

日ごろは、園の行事に協力をする立場の保護者会ですが、自分たちの子どもを守る組織でもあるべきです。

最近は、ママ友怖いとか保護者会が怖いというイメージがありますが、実際入ってみればそんなこともなく。(園によるんだと思いますが。。。私は実は園選びに保護者会の様子も見て決めました。)

そんなこんなで、私はわりと保護者会にがっつり関わる予定です。

世の中の「保護者会・PTA・自治会」離れが少し怖い風潮かもと思うのでした。もしかしたら、誰かにとっては都合がいいのかも…とか思っちゃったりして。

最後に、本当に、上記仙台市は誠意ある対応をして欲しい。こういう自治体、きっとたくさんありそう。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA